資金調達のお知らせ

FacebookTwitter
20150529post

本プレスリリースのPDFはこちら

東南アジアでリワード・プラットフォームを提供するYOYO Holdings Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:深田洋輔、以下 YOYO)は、KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田哲弥、以下「KLab」)の子会社であるKLab Global、グリーベンチャーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:天野雄介)、個人投資家を引受先とする第三者割当による資金調達を実施いたしました。

これにより、KLabのフィリピン現地子会社であるKLab Cyscorpions代表取締役社長の野口太郎氏がYOYOの取締役として経営陣に加わる他、同社による技術支援、オフィス提供や福利厚生等の経営支援を受ける予定です。

YOYOの提供するAirtime(プリペイド携帯電話の通信料金)を報酬としたロックスクリーン広告アプリ「PopSlide(ポップスライド)」は、2014年にフィリピンでのサービス開始以降、2015年2月にインドネシア、5月にはベトナムでも配信を開始しております。今後、東南アジア・南アジア新興国への展開とサービス拡大に向けてより一層邁進すると共に、人材拡充によるチームの強化を進めてまいります。


PopSlide とは:

http://popslide.me/

ロックスクリーンを解除するだけで、モバイル通信料金を自動チャージ
「PopSlide」は、ユーザーのアンドロイド携帯のロックスクリーン上にニュース、エンタメ情報、天気予報に加えて各種広告を掲載するアプリです。ロックスクリーンを解除するだけでアプリ内のポイントが貯まり、ユーザーはそのポイントを利用してモバイル通信料金を無料で手に入れることができます。

フィリピン・インドネシアでは既に最大級のリワードアプリ
フィリピン・インドネシア共に、Google Playライフスタイル・カテゴリで長期間に渡りランキング1位を獲得するし、急速にユーザー数を伸ばしています。マクドナルド、ネスレ、ユニリーバ、インテル、Lazadaなどの大手企業が広告主となっており、様々な国の多くのクライアントから支持されています。


YOYOの今後の事業展開について:

東南アジア・南アジアの新興国に引き続き進出
東南アジア・南アジアのインターネット広告市場規模は、2013年の約1,000億円から2016年には約2,000億円まで急成長する見通しです。これらの国と地域の総人口18億人をターゲットとし、新興国のすべてのモバイルユーザーに、「PopSlide」を通じて無料モバイルインターネットを提供していく予定です。

体制強化のため日本人エンジニアを積極採用中
複数国への事業拡大に伴い、 エンジニアを積極的に採用しています。 詳細は、YOYOの採用サイトをご覧ください。http://yoyo-holdings.com/career-jp/


YOYO Holdings Pte. Ltd. について:

2012 年10月、DeNA出身者の2名によって設立された、シンガポールを統括拠点としたスタートアップ企業。 「モバイルインターネットを新興国の人々に」という理念のもと、主な開発拠点をフィリピンに置き、アジアの新興国をマーケットとしたモバイル向けリワード・プラットフォーム「PopSlide」を、日本人を含む多国籍チームで開発・運営。

  • 商号 :YOYO Holdings Pte. Ltd.
  • 代表者 :深田 洋輔
  • 所在地 :10 Anson Road, #14-06 International Plaza, Singapore 079903
  • 設立 :2012年10月
  • 事業内容 :リワード・プラットフォーム「PopSlide」の開発・運営
  • URL :http://yoyo-holdings.com/

受賞履歴 :
・「新経済サミット2015」で開催されたピッチコンテスト「NES STARTUP COMPETITION」にて優勝。
・「Infinity Ventures Summit 2014 Fall Launch Pad」にて準優勝
・e27主催によるアジア最大のスタートアップ・カンファレンス「Echelon 2014」フィリピン・サテライト優勝
・同イベントのシンガポール本戦にて、2014年注目のベンチャー企業トップ10に選出

本プレスリリースに関するお問い合わせ:
広報 press@yoyo-holdings.com

募集職種

現在、Wantedly経由で募集を行っております。以下の職種以外の方は、メールにてお問い合わせください。
jobs@yoyo-holdings.com